弁護士の役割とは

個人で弁護士に依頼する案件があるというのは、比較的に珍しいことであるといえます。
おおよその人は日常で弁護士に頼ることが少ないといえますが、最近の弁護士への相談事例では過払い金の事案が多くなっています。
そのような身近に起こる背景もあり、弁護士への相談は利用者が多くのかたが利用しています。
弁護士というと偉い人でお堅い職業というイメージがついていますよね。
実際に相談した人ならお分かり頂けると思いますが、実はしゃべりにくいということはありません。
なぜなら弁護士は依頼がないと生活ができない、サービス業というくくりになるのです。

では弁護士の役割とはどのようなものがあるでしょうか。
弁護士法の第一条一項には「基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」とあります。
この基本的人権という部分に釈然としない意見があるのも事実です。
刑事事件を起こした被告の裁判を弁護する弁護士が弁論すると、よくネット上で人権を度外視した書き込みが見受けられます。
被害者(遺族)感情を考えるとこれは難しい問題ともいえます。
よくドラマなどで見かける弱い立場の主人公に対して、憎たらしい弁護士を役者さんが上手に演じていますが、あれも実際にはどんな被疑者にも人権があり、日本国憲法で基本的人権は尊重されるとあります。
感情論がどうしても強くなってしまうので、難しい問題ですね。

弁護士がどのようなことを行っているのか、どういう手続きがあるのかをみながら、ここでは民事裁判での弁護士の役割と刑事裁判での弁護士の役割についてご紹介していきます。



▼特選外部サイト
リーズナブルな費用で顧問弁護士と契約が結べます === 費用 顧問弁護士